マイホームガイドのお取引先・お客様の声

 

お取引先・お客様の声


20代のご夫婦。お子さんなし。共働きで世帯収入○○○万円。将来は子供が一人欲しいとのこと。

ご相談内容

現地販売会にしても、直接不動産会社に行っても、どの営業の方もみんな二言目には「大丈夫ですよ!」と言うのですが、不安になります。
果たして本当に大丈夫なのでしょうか?
私はいくらローンを組めて、いくらのローンを組むべきなんでしょうか?
できたら3,500万円以下の物件が欲しいのですが・・・


ご提案内容

出産後の収入の安定性や奥様の就業継続意向、およびお子さんの支出見込みや金利上昇リスク等を勘案し、借入可能額4,220万円、借入妥当額を3,380万円と試算。不足分と諸費用は自己資金で対応したいとのご意向。
また、不動産会社のセールストークについて、お客さま側に立っての「大丈夫ですよ」なのか売りたいだけの「大丈夫ですよ」なのかの見極めポイントを示唆。「あ!そうそう!」と納得くださいました。
現在、予算に見合う物件を物色中。



30代のご家族。夫婦とお子さん2人。自営業を営んでおり、節税対策上、申告額を抑えている上に事業資金手当てのため消費者金融やクレジットでのお借入複数あり。

ご相談内容

個人事業主のお客さまが金融機関での審査を受ける際、一般的には課税所所得額の3期平均または直近期のいずれか低い方を見なし所得とされることを知らず、他社でローンを否決されたが、どうしてもマイホームが欲しいとのご相談。


ご提案内容

確定申告書を持参されていたので、収支内訳表を拝見しながらお取引き先の業況や今後の業容展望を聞きましたところ、他に収入として認められる数字を見つけ、収入ベースでの借入可能額がアップ、さらに既存のお借入を見直し、可処分所得を大幅に向上。
現在、希望額満額で仮承認取得。本審査手続き中。



30代のご家族。お子さん1人。もう1人も妊娠中。ご主人は地元の中小企業に勤務しているが転職して間もないとのこと。

ご相談内容

下の子が生まれると現在のアパートが手狭になるので新居をかまえたいが、転職して日が浅いことと、子供が2人になって大きなローンを組むことに不安があるとのこと。


ご提案内容

まずは転職歴をお伺いし、銀行の申込資格には満たないものの交渉の範囲内であることがわかり、次に子供2人世帯の支出額と給与の安定性を検討。借入可能額と借入妥当額を試算し、かつ、金利の上昇リスクも説明した上で次週再度面談を希望されたので、再面談。
再面談時に分割払いの買い物が新たに判明し、対策を提案した上で、物件見学へ同行。
お気に召した物件が見つかり、ご契約に立ち会うとともにローン審査に必要な書類を説明。
現在、満額にて仮審査承認取得。次週、本審査申込み予定。



40代の男性(独身)。過去に借金の延滞していたことがあるとのこと。

ご相談内容

先週行った不動産会社で延滞の話をしたら物件も見せてもらえず帰されたとのこと。
私は本当にマイホームを買えませんか?との相談。


ご提案内容

延滞の経緯や事情を聞いたところ、金融機関によっては事情を組んで頂けそうなので、その場で審査申込書をお預かりし翌日不足資料もお預かりしたうえで即時銀行へ。
物件は限定されるものの、2日後に仮審査承認通知が届き、お客さま宛連絡。
次週、ご購入の契約予定。なお、その後さらに他行も承認したため2金融機関のローン承認取得。

Copyright © My Home Guide Co,.Ltd. All rights reserved.